調理編

ホンビノスの後日談

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

船橋ホンビノス掻きの後日談を書いてみることにした。

というのも、ホンビノスが
本ブログ初の獲得できた獲物である。

一応「釣ったら食う」というポリシーを掲げているのでそれもある。

といっても、腹を壊したとか面白い話しではない。

どのように食したか、ただそれだけである。

焼いて食う

そのまんま系で、ホイルに包んで焼いただけだ。

ホンビノスはあまり砂を含んでいないといえ、
やはり口の中に砂を感じる。
そして焼きはでかい方が食いごたえあると思ったが、内蔵感があってそうでもなかった。

教訓

  • 砂抜きすべき
  • でかいホンビノスはそうでもない

下処理

砂抜き、塩抜きをやってみた。
砂抜きに関しては、一晩砂抜きをしてみると、こんな感じだ。

やはり、砂抜きはすべてきである。
塩抜きに関してはやるやらないで何も感じることはなかった。

教訓

  • 下処理は時間をかければかける程よい

ホンビノスの汎用性

調理をせず殼のままで冷凍してもいいのだが、
殼の菌がどれだけ取れているのかわからないのと、冷解凍した貝はやはり身がしょぼくれる。

そのため、剥き身にすることに。
そうしておけば、大方の調理にすぐに対応できる。今回は酒蒸しにして出汁もとってみた。

見た目に恐怖を感じるが、出汁は少々塩気が強いが、濃縮された旨味があった。

教訓

  • 冷凍は二流である

佃煮

出汁はクラムチャウダーに使い、身は佃煮という算段だ。

味はマルハの赤貝の缶詰そのものだ。
この方法であれば、冷解凍せず貝を消費できる。

教訓

  • ホンビノスの佃煮はマルハの赤貝である

総括

下処理から料理までして思ったことを一言。

多くの貝は不要である

-調理編
-

 

執筆者: